【朗報】病院の「副業禁止」無視するべき理由を解説します

リハの副業

こんにちはしゅう(@blog_therapist)です。

現在28歳で理学療法士として働いてます。
当サイトでは以下のようなコンテンツを発信しています。

・リハビリ職種の働き方(副業、転職、対人関係)
・リハビリにまつわる社会問題について
・お金に関して

☑これからの自分のキャリアに不安を抱えている方
☑頑張っているのに給料が上がらないと不安を抱えている方
☑もっと、自分らしいキャリアを手に入れたい方
☑副業に興味のある方

参考になるように発信頑張っていきますので最後まで御覧ください。

先日以下のツイートをしました

結論から言うと、会社の副業禁止は無視でOKです。

私自身が理学療法士をする傍ら副業をして副収入を得ています。

今後は本業の収入超えて独立を予定してます。

一方で「副業禁止」とする病院や施設が多いのも事実です。

そんなことをしていたら「優秀な人材はいなくなってしまうのではないか?」と危惧しています。

そこで今回は『副業禁止の病院や施設の都合は無視していい』理由について説明していきます

まずは「リハビリ職種の給与の現状」を解説してから「なぜ副業禁止にするのか?」「副業をするメリット」「副業禁止は無視するべき理由」について解説していきます。

皆さんは今の収入に満足していますか?

理学療法士の給料はどうかというと、、

理学療法士(作業療法士含む)の平均年収は、平均年齢33.3歳で約409.6万円です(残業代やボーナス含む)。

男女別だと男性が422.2万円、女性が394.3万円となっています。

※出典:厚生労働省『令和元年 賃金構造基本統計調査(職種・性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額)』(e-Stat)
のようです。

私は満足はしていません。

ですので、1年前ほど前から副業をしております。

本業の時間以外の時間を使い、毎日積み上げてます

成果は少しずつですが出てきていて嬉しいです。

なぜ副業禁止にするのか?

副業をする人材は経営者からしたら都合が悪い

以前、会社のトップに副業のことを話したことがありました。

すると、「内の法人で事業を伸ばして欲しいと」

言われました。会社のトップからすると当たり前なのかもしれません。

せっかく、取った人材の自分の会社以外にリソースを費やすのですもんね。

自分の病院で100%のパワーを使って欲しいですよね。

会社以外で稼げてしまうと辞める可能性がある

ほとんどの会社員の給与は年間で数万円程しか上がりません。

そんな中、副業を始めた人が月に100万円を稼いでいたらどうでしょうか。

おそらく独立しますよね。

事業をはじめている人の収入は青天井に伸びていく可能性があります。

なので、普通に会社を辞めてしまう可能性があります。

会社に依存しなくなる

本来は1つの会社で働いて給与を得て生活する。

これが普通だと思います。

リハビリスタッフの場合は給料がそこまで高くないので、

・資産形成できない
・辞めた後のリスクヘッジができないために辞められない
・結果給料が安いので今の職場の給料に依存する

という状況を安い給料を渡すことで実現できています。

しかし、副業で自由を手に入れた人間からしたら、

自分が嫌だと思ったらすぐ辞める事ができるので会社への依存がなくなります。

別に病院や施設で働かなくても生活ができるので、わざわざ会社に自分の身をゆだねるみたいな事をしなくてもいいんですよね。

会社に依存しない人は賃金以上の働きを期待する事ができないので会社からしたら都合が悪いです。

嫌な仕事は拒否される

副業をきちんとしている人って考える力が高い人間だと思います。

理不尽に「サービス残業をしろ」と言っても断ったりします。

「お金に余裕があるからそんな小さなお金なんか気にしないだろ」と思われがちです。

しかし副業をしているセラピストは定時後からが本当の仕事の開始になりますし、その残業時間があれば時給以上の価値や収入を生み出せる事を理解してます。

そんな人間がわざわざ時間を差し出してまで、給料を払わないサービス残業を受け入れるのでしょうか?

おそらく必要ないと思った残業はせずに、早々に退勤し副業をやっていると思います。

私はそうして時間を作ってきました!

リハビリ職員は副業をするデメリットはない

リハビリ職員の副業はメリットが大きいです。

・職場に依存しない働き方の実現
・本業の収入を超える可能性がある
・専門職種なので、クビになっても次の職場がある

逆に副業で稼げる人材の方が優秀だと思います。

人手不足な職場で副業していたからとクビになる確率は低い

そもそも「副業をしたらクビになる」とか言いますけど、人手不足の現状で簡単にクビにはできないと思います。

与えられた業務をしっかりこなせる人材なら副業をやっていようが手放したくないのが上層部の気持ちです。

そもそも辞めさせたところで、その穴を埋めるために他の職員が激務になって辞めてしまう可能性もあります。

採用コストをかけて採用して教育させるのはなかなか面倒です。

はっきり言って副業をして辞めさせられた職員の話なんて聞いたこともないです。

クビになっても他の職場で働ける

もしクビになっても別の病院や施設が職員を募集をしているので応募して正社員で働き始めればいいのではないでしょうか?

国家資格があるので、全国どこでも働けるのはかなりのメリットだと思います。

場合によっては今の職場より良い待遇を用意してくれるかもしれないです。

リハビリ職の副業は本業の成果につながる

副業をやってるということで、本業がおろそかになると考える人は一定数いるかもしれませんが、
そもそも何の根拠もありません。

まぁ副業をすればサービス残業しなくなるのでおろそかになるかもしれないですけど、それは法律違反ですからね。

逆に副業で培った能力は職場に還元する事ができると考えています

例えば僕の副業の一つのブログの場合は

・記事を書くために医療や介護、リハビリの情報収集能力がつく
・副業をする事での医療や介護、リハビリ知識をつけられる
・サイトの運営ができる
・ライティングスキルが身に付く

という能力を身に付ける事ができるので副業をすることによって業務の幅が広がります。

逆に業務時間外に自らのスキルを磨いてくれているのでありがたい限りだと思うのですが、

それを本業が怠ると考えるのは浅はかな考えだと思います。

副業を始めるには環境づくりが大切

副業を始めるためには環境づくりをする必要があると思います。

僕の場合は以下のようなことをしました。

・残業のない職場に就職する

・職場の近くに引っ越す

残業の多い方は残業のないもしくは少ない職場に転職することをオススメします!
また職場の近くに住むと退勤後すぐに副業を開始できるのでオススメです!

不況な今だから…
引越し料金はできるだけ安くしたい!そんな方はこちら!
100社の中から一番お得な引越し会社を選べる比較サイト
LIFULL引越し見積もり

まとめ

本日は『副業禁止の施設の都合は無視していい』理由について説明しました。

結論から言うと、会社の副業禁止は無視でOKです。

皆さんは今の収入に満足してますか?

私は満足してないので副業を始めました。

開始して1年と少しですが、収入を得れるようになってきました!

今だに副業禁止の病院や施設はありますが、なぜ副業禁止にするのか?

それは副業をする人材は経営者からしたら都合が悪いからです。

・会社以外で稼げてしまうと辞める可能性がある
・会社に依存してくれなくなる
・嫌な仕事は拒否される
リハビリ職員は副業をするデメリットはないと思います。
・職場に依存しない働き方の実現
・本業の収入を超える場合がある
・専門職種ので、クビになっても次の職場はある
リハビリ職の副業は本業の成果につながると思ってます。

・記事を書くために医療や介護、リハビリの情報収集能力がつく
・副業をする事での医療や介護、リハビリ知識をつけられる
・施設のサイトの運営ができる
・ライティングスキルが身に付く

という能力を身に付ける事ができるので副業をすることによって業務の幅が広がります。

副業を始めるには環境づくりが大切です。

僕の場合は以下のようなことをしました。

・残業のない職場に就職する

・職場の近くに引っ越す

今残業の多い方は残業のないもしくは少ない職場に転職することをオススメします!
また職場の近くに住むと退勤後すぐに副業を開始できるのでオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました